やまぎしリフォーム公式ホームページはこちら 福島の家、土地を買いたい方はこちら 福島の家、土地を売りたい方はこちら

山岸リフォームホームインスペクション福島 住まい工房やまぎし株式会社

MENU

検査の流れ Flow of Inspection

1ホームインスペクションの概要をご説明します。

情報の確認・診査に必要な情報を整理し、診査日を設定いたします。
診査日には、出席いただいている皆様(依頼主様、売り主様、施工業者様など)にどのような住宅診断を行うのか概要をご説明します。

2外壁・屋根周り・外回りなどの外部診断

住宅の外部を目視し、主に外壁を中心に、屋根周りや外回りの現状診断を行います。
ここでは機材を用いて、外壁が浮いていないか、ひび割れがないか、またその大きさはどうかなども調べます。
サイディングの場合はジョイント部分・サイディング材の施工状態も診断いたします。

3屋根・バルコニー診断

屋根・バルコニーの現状を診断いたします。
防水の状態、窓下の納まり具合、排水回り、手すりや外壁の状態など、屋根・バルコニーにかかわる部分の検査を行います。

4内部の鉄筋診断

鉄筋住宅の場合、鉄筋探知機などを用いてコンクリート内部の鉄筋の状態を調べ診断します。鉄筋が法定基準を満たしているか、間隔が図面とあっているかも調べます。
この診断は目視できない部分のため、機材による診断となります。

5コンクリート強度診断 (現在準備中です)

コンクリート内部の強度をハンマーなどを用いて調べ、数値で診断いたします。
この診断は目視できない部分のため、機材による診断となります。

6住宅の断熱診断 (現在準備中です)

住宅の断熱具合を診断します。この診断の場合は赤外線サーモグラフィーを使用し、断熱材の施工状況を確認・診断します。
この診断では構造筋違い(耐震性を高めるために柱と柱の間に斜めに施工する部材のこと)の有無も確認できます。

7雨漏り診断

雨漏りがあるのか、雨漏りの箇所がある場合はその被害状況はどうかを調べ診断します。

8天井裏・屋根裏の診断

天井裏の点検口から中を目視し、雨漏りや天井裏の状態がどうなっているのか、施工状況を確認します。
屋根裏の場合は中に入り、、断熱材や雨漏りの状況確認、金具などの施工状態を調べ診断します。

9床下診断

床下の点検口から目視し、床束(一階床を支える垂直の部分)や給排水部分、床下のコンクリートの状態を確認します。
場合によっては床下に潜り、点検口からは目視できない場所の状況を確認し、診断いたします。この場合は、多くの給排水の配管や断熱材の状態、木材に含まれた水分量やコンクリートの強度診断、鉄筋の状態なども調べます。

10設備などの診断

キッチン・トイレ・洗面所・お風呂場など水回りの箇所や換気扇などの設備の状態を確認し診断します。
主に、給排水の配管の状態・接続の状態、キッチンの水回りの状態、トイレの便器の設置具合を調べます。

11住宅診断後、報告書をお渡しします。

住宅診断が終わりましたら、内容を整理して、報告書をお渡しします。
ご報告は住宅診断を行ったホームインスペクターが、どなたでもわかるように丁寧にご説明いたします。

住まい工房やまぎし株式会社

〒960-8253 
福島県福島市泉字宮内前1-8

Copyright やまぎしリフォーム. All right reserved.